06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

薬膳と現代栄養学のちがい

2012.02.03 (Fri)

薬膳のベースは中医学(東洋医学)で、現代栄養学のベースは西洋医学で、
現代栄養学はカロリーや栄養素などの数字重視に対し、薬膳は重視していない。

ん~

でも1番の違いは、薬膳には四性という考え方があることだと思う。
熱性・温性・(平性)・涼性・寒性という4つのことですが
体を温める作用があるのか、冷やす作用があるのかということです。

現代栄養学で冷え性を治す場合、
冷え性の人は、○○という栄養素が不足しているから、1日×mgを摂取したほうが良いと言うことになるのでしょうか?
薬膳の場合、体を冷やす作用のあるものをなるべく避け、体を温める作用のあるものを食べるように勧めます。
薬膳は、「旬」ということも考えるので、季節ごとに違いはあるのですが・・・
スポンサーサイト
08:56  |  中医学・漢方の基礎  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://homemadefood.blog10.fc2.com/tb.php/429-21af5a52

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。