スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

◆おすすめ本◆薬膳素材辞典

2011.05.31 (Tue)


薬膳素材辞典

中医学の基礎を理解していないと、ちょっと難しい本ですが、こんな本があります。
一般の人向けではありませんが、参考まで

■著者の辰巳洋医師の講義を聞いたことがありますが、日本語も聞きやすく、説明のしかたもわかりやすい方でした。
日本で中医大というと、北京中医大が1番有名なので、北京中医大に入学する人が多いようですが
北京中医大と遼寧中医大を比べた人は、ほぼ全員遼寧を選んでいます。

北京中医大と遼寧中医大の比較(数年前の情報です)
場所:北京=水道橋、遼寧=代々木
講義:北京=隔週の土日、遼寧=ほぼ毎週日曜
講師:北京=中国語で通訳がつく、遼寧=日本語をしゃべる中国人医師(日本語が上手なひととそうでない人がいます)
人数:北京=30-40人、遼寧=10人以下
各科目が終わると:北京=レポート提出、遼寧=試験

地方の人は、毎週東京に出てくる遼寧より、隔週の北京を選ぶようです。
講師が日本語がわかるのは、とっても大きな差です。
中国語がわかる知人が、北京中医大を見学した感想ですが、講師が言っていることと通訳が言っていることに誤差があるって言ってました。時間的なロスだけでなく、内容のロスもあるということですね。
遼寧は、1クラスの人数が少ないので、質問もしやすいです。
遼寧は、各科目が終わると試験があるので、北京と違って、あっという間に卒業…って言うことがない。

東京近辺で中医学を勉強したい人は、お勧めできる学校です。

---
43.0kg
スポンサーサイト
07:46  |  おすすめ本  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。