10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

◆薬膳-補血◆マクロビ なんちゃってプリン 婦宝当帰膠

2011.08.04 (Thu)


なんちゃってプリン

卵がダメ!牛乳がダメというお子様を持つ方におすすめのなんちゃってプリン。
材料は、寒天・豆乳・きなこ・てんさい糖
普通なら黒糖でキャラメルを作るところですが、これは 婦宝当帰膠 というシロップの漢方薬をかけました。
---
42.3kg
スポンサーサイト
07:25  |  薬膳-補血(貧血)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-補血◆食べる輸血剤 ビーツのスープ

2011.08.02 (Tue)


食べる輸血剤と言われるビーツのスープ

完全菜食をして生理がなくなる方が多いのはご存知の人も多いと思います。
いろいろな流派があるようですが、20-30代で生理がなくなってもOKと言う流派もあることに驚かされます。
また、それを信じてしまう人がいることにも驚かされます。

菜食をしている人に血の気のない顔色をしている人が多いことからみても、菜食のリスクは血虚になりやすいといことを頭に入れておいたほうがいいと思います。
---
42.2kg
07:27  |  薬膳-補血(貧血)  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

◆薬膳-養血◆人参ジュース

2011.06.19 (Sun)


毎朝飲んでる「人参ジュース」

石原結実先生から人参ジュースをすすめられ15年。
年間330杯ぐらいはのんでいるから、15年で5000杯も飲んでいるんだなぁ。
季節によっても入れるものが異なるが、うちの基本レシピは、人参1本+リンゴ1/3個+キャベツ1枚が2人分。

私が使っている薬膳素材辞典では、人参は養血類に分類されていた。(私は補気類に属するイメージがあるが…)
効能:養血益肝明目・斂肺止咳・健脾化滞
「血を補って肝をパワーアップし目を元気にする。肺の収斂機能を正常にし咳を止める。脾(消化器系)を元気にし滞りをなくす。」こんな感じです。
抗癌・免疫力増強とも書かれてあった。
抗癌という意味では、健脾化滞の作用が1番影響しているのかもしれない。

人参ジュースを飲んでいる人で、肌が黄色くなってしまっている人は排泄が上手くできていないと思います。
そういえば、ゲルソン療法では、人参ジュース+コーヒー浣腸で排泄してますよね。
人参ジュースを飲んでいる=ゲルソンと勘違いしている方が多いように思えますが、これは間違いです。

---
42.3kg
ちょっぴり体が変わってきたなぁって感じします。
09:13  |  薬膳-補血(貧血)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-補血◆マクロビ:命の恩人「鯉こく」

2011.05.05 (Thu)


命の恩人「鯉こく」

白血球も赤血球の値も急降下し、医師から移植しかないと言われた時、
「こんな値で移植しても100%死んじゃうと思うけど、先生はどうお考えですか?」
「99%はダメだと思うけど、もうこれしかない!」
「私は反対ですが、私の命ではないので本人が決めます!」

「すこし血液データが良くなったら考えたい」という主人の結論。
「骨髄転移しているので、(データが)上がることはない!」と主治医。
「上げてきますから1ヶ月待ってください!」って言っちゃった。

動物性(植物性のものでは遅すぎる)で補血作用があって、湿熱をためない食材と言ったら
「鯉」しか思いつかない。
この頃、祈る気持ちで鯉こくを食べてました。
もちろん「鯉って魚へんに里美の里だから、縁起がいいね!」と言いながら…

医学的には考えられないことですが
1000を切ろうとしていた白血球が2400に上がったのです。
西洋医学も東洋医学も、全てがわかっているわけではなく
わかっていることは、ごく一部なのかもしれませんね。

---
鯉は売り場に並んでいることは少ないが、注文すれば入れてくれるので、近くの魚屋さんに聞いてみてください。
「ニガ玉とって鯉こく用に切ってください」って言えば、家に帰って煮るだけです。
土鍋に水・ごぼう・晩茶殻を入れて4-5時間ぐらい煮てから、味噌を入れて4-5時間煮ると骨ごと食べれます。
缶詰の鯉こくもありますが、「やっぱり加工品だ!」って思った。
06:59  |  薬膳-補血(貧血)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-補血◆マクロビ:龍眼肉(りゅうがんにく)

2011.02.18 (Fri)


ライチに似ていますが、これは龍眼肉(りゅうがんにく)です。
中国ではスーパーなどで普通に買える食材ですが、残念ながら、八重島など極一部を除き 日本では生の龍眼肉は入手することができません。

補血薬に分類されますが、補心脾、益気血(血も益し、元気も益す)の作用があります。
服用して方もいらっしゃるかと思いますが 帰脾湯・加味帰脾湯などに入っている生薬です。
日本でも、普通に手に入るといいなぁと思う食材の1つです。

中医学では「女子は血を以って主と為す」という言葉があります。
特に菜食の女性は、補血の意識を…
07:15  |  薬膳-補血(貧血)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。