04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

◆病気別-貧血◆貧血の症状と見定め

2011.09.23 (Fri)

血液検査をすればわかりますが、
顔色が白く、疲れやすく、動悸・めまいなどの症状が有名ですが、
爪が白かったり、まぶたをめくって白かったら貧血かも???って疑ってもいいかもしれませんね。
むずむず脚症候群も貧血を疑えます。
足が攣った時によく使われれる芍薬甘草湯は補血剤です。
---
43.3kg

スポンサーサイト
07:28  |  病気別-貧血  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆病気別-貧血◆貧血解消の食材

2011.09.22 (Thu)

貧血で1番多い鉄欠乏性貧血についてですが、
鉄分は毎日少しずつ消耗され、毎日少しずつ取り入れなくてはならない栄養素です。
普通は意識して摂取するものではないのですが、鉄欠乏性貧血の人は普通の食事ができていないのでしょう。

鉄分を多く含む植物性の食材は、胡麻・青菜・海藻などです。
気がついた人も多いと思いますが、これらは玄米を食べている人は、毎日食べた方がいいと言われているものですね。

明日は、貧血の見定めについて・・・
---
43.3kg
07:27  |  病気別-貧血  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆病気別-貧血◆貧血対策の調理法

2011.09.21 (Wed)

貧血で1番多い鉄欠乏性貧血についてですが、
いちいち食材を考えるのが面倒って思う人は、鉄の調理器を使うといいです。
うちでは、フライパンと包丁が鉄製で、ステンレスの包丁はありますが、テフロンのフライパンがありません。
特に貧血を意識しているわけではないのですが、実家にもテフロンのフライパンはなかったので、結婚する時に自然と鉄製のフライパンを購入してました。

鋼の包丁は砥石で研がなくてはいけないので、ちょっと面倒ですが、ステンレスの包丁より切れ味がいいのでお気に入りです。
私にとっては、包丁より手入れが面倒なのが鉄瓶です。
だから、家のどこかで錆びてます。
参考までに、漢方薬は鉄瓶では煎じてはいけません。

明日は、貧血におすすめの植物性食材について・・・

-*-*-*
台風が向かってきてますね。
天気予報を見ると、夕方の帰宅時間の頃に東京の上空あたりです。
ちょうと台風の目のなかで晴れてたりして・・・

15:00に早退したので、普通に家に帰れました。
---

07:04  |  病気別-貧血  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

◆病気別-貧血◆レバーは安全か

2011.09.20 (Tue)

貧血に良い食材で誰もが頭に浮かぶレバー。
レバーは肝臓で、肝臓は解毒する器官ですね。
抗生剤だらけの餌を食べている動物の肝臓は安全なのでしょうか?
そういえば、食肉の動物の内臓の80-90%が膿んでいるとの情報もありますね。

数年前にNHKの番組で、肉の解体場の映像を見たことがあります。
画像が鮮明ではありませんでしたが、その映像を見て1ヶ月ぐらいは内臓だけでなく、肉が食べれませんでした。
痛んだ野菜とはレベルが違う。

魚介類だと、肝臓に良いと言われる蜆(しじみ)が鉄分が多いです。
蜆は、砂出ししてから冷凍保存で1-2ヶ月持つし、味もアップします。

「しじみ」って入力したら、「蜆」って表示され、あれ?「すずり」じゃない???
パソコンの影響で漢字が書けないって感じてたら、読めなくもなってきている。

明日は、貧血対策の調理法について・・・
---
42.9kg
07:23  |  病気別-貧血  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆病気別-貧血◆貧血の漢方薬

2011.09.19 (Mon)

貧血では、加味帰脾湯・当帰芍薬散・十全大補湯・補中益気湯などの漢方薬が処方させることが多いようです。
補血剤というと四物湯が有名ですが、補血剤の四物湯のみを使わず、
加味帰脾湯・十全大補湯などの気血双補剤、当帰芍薬散の調和剤を使ったり、補中益気湯のような補気剤をチョイスするところが、西洋薬と漢方薬の違いかもしれませんね。

私が働く漢方薬局では、雑誌で取り上げれているせいか「イスクラ婦宝当帰膠」が人気です。
トウキ・オウギ・ヂオウ・ブクリョウ・シヤクヤク・センキュウ・カンゾウ・トウジン・アキョウに大量の白砂糖が入ったシロップ剤です。私は甘過ぎて嫌いですが、「甘くて美味しい!!!」というお客様が多いです。

漢方薬の適応症状を見たり、ネットを調べてお客様自身で薬を決める方が多いですが、違ってるかも???という薬をチョイスしている人が多い印象を持ってます。
漢方は病名で薬を決めるものではなく、証(体質)によって薬を決めます。
お友達がよかったからって言って、自分にあうわけではないことが多いのです。
漢方薬は、漢方薬を勉強した人にチョイスしてもらってください。

明日は、貧血の食材について・・・
---
43.2kg
08:24  |  病気別-貧血  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。