04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

◆薬膳-便秘◆コロコロ便に柿の白和え

2011.10.05 (Wed)


柿の白和え

柿には、清熱潤肺・生津止渇・解酒熱毒作用があります。
乾燥した秋は、便も乾燥ぎみになっちゃう人がいます。
この柿の白和えは、全体で清熱潤腸作用があるので、腸に乾燥してコロコロ便になってしまった便秘にむいています。

すった胡麻、水切りした豆腐、茹でた春菊・柿・塩・醤油で味を混ぜるだけです。
水切りが足りなかったので、ちょっと水っぽくなっちゃってますね。
---
42.7kg
スポンサーサイト
06:36  |  薬膳-瀉下(便秘)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-瀉下(便秘)◆ルバーブのジャム

2011.05.19 (Thu)


ルバーブのジャム

私は、あまり煮すぎないのが好きなので、形が残るぐらいが好きです。

作り方
ルバーブを1cmぐらいに切て、てんさい糖と混ぜて、半日放置。鍋で5分程煮ておしまし。
ワインやレモンを入れる人もいるが、私は、食材の味がする方が好みなので、シンプルに・・・
ルバーブ500gに対して、砂糖は60gが私の好み。

■中医学・その他
ルバーブは、ダイオウ属(学名:Rheum)はタデ科の属のひとつ。
ダイオウ(大黄)は漢方としても使われていて、消炎・止血・緩下作用の効果があります。ルバーブにもわずかにセンノサイドを含むので、敏感な人は下痢をすることがあるから注意!
また、葉はシュウ酸を多く含むため食用にはなりません。
07:01  |  薬膳-瀉下(便秘)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-瀉下◆マクロビ:ルバーブ

2011.05.16 (Mon)


便秘解消にルバーブ(大黄科)

昨日、小淵沢から帰ってきました。
空気も食も美味しく、山も綺麗で、久しぶりにのんびりできました。

はじめてルバーブを知ったのが、数年前の小淵沢の道の駅。
ふき?と思って手に取ってみたら、ルバーブって書いてあって、ジャムのレシピが貼ってあったのでためしに購入。それから毎年、この時期になると必ず買って帰ってくる食材の1つです。

■中医学・その他
ルバーブは、ダイオウ属(学名:Rheum)はタデ科の属のひとつ。
ダイオウ(大黄)は漢方としても使われていて、消炎・止血・緩下作用の効果があります。ルバーブにもわずかにセンノサイドを含むので、敏感な人は下痢をすることがあるから注意!
また、葉はシュウ酸を多く含むため食用にはなりません。
どこのメーカだか忘れちゃったけど、ルバーブのヨーグルトってありますね。

緩下作用というのが、大便を出すという意味。
放射能を避けるのが1番ではありますが、2番目は「入ってしまったら出す」これが大事だと思います。
誰にも言えることですが、不必要なものを出すのがいい。
不要なものは、主に、小便・大便・汗から出るので、便秘はしない方がいい。

---
2-3年前に、近所のとっても美味しいフランス料理店のマダムと、たまたまルバーブの話題に。
ルバーブはフランスから取り寄せていると聞いて、フランスのルバーブと日本のルバーブでは味が違うかもしれないけど、小淵沢だと2-300円だから今度買ってきますね。なんてことがありました。
週に1度しかお休みがない中、4月から自宅の近くで畑を借りられることになったのと伺っていたので、昨夜、ルバーブの苗をプレゼント。すっごく喜んでいただきました。
東京でもちゃんと育ってほしいなぁ~
11:25  |  薬膳-瀉下(便秘)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。