06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

◆薬膳-補気◆そばがき

2011.12.31 (Sat)



蕎麦なは胃腸を元気にしてくれます。
清熱解毒作用もなるので、湿布(そばパスタ)などの外用にも使われますね。

年越し蕎麦の由来説は「細く長く達者に暮らせることを願う」ことだが
手抜き主婦の私は、年越し蕎麦がきにしちゃおうかな???


東日本大震災・原発事故など激動の2011年でしたね。
昨日はアリューシャン列島で火山が噴火し、
日本だけでなく、世界中で地下が活発しているなぁって感じですが、
来年は、大きな災害がないことを願ってます。

来年も、明るく前向きに毎日を過ごしていきたいと思ってます。
よいお年を・・・



スポンサーサイト
09:42  |  薬膳-補気(元気がない人)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-補気◆ 白米はカス(粕)なのか?

2011.12.26 (Mon)



マクロビや玄米菜食の料理教室では、「米へんに白と書いてカスと言う」と言います。
確かに、米へんに白と書くと、粕(カス)である。
白米を食べている人がカスというような極端な考え方をしてしまう人もいるぐらいですね。

玄米の方が栄養価が高く排出力が強いのは確かだが、
全ての人にとって、玄米がよく白米がよくないわけではない。
玄米を食べると下痢っぽくなるが玄米は体に良いからという理由だけで食べている人は、玄米を食べず白米のほうがいい。
まあ、玄米と白米の間には、分付米があるけどね。

寿司を玄米で作る人がいるけど、寿司は銀シャリの方が美味しいと思うのは、私だけだろうか?
10:54  |  薬膳-補気(元気がない人)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-補気◆米

2011.12.25 (Sun)



中医学には、四気五味という言葉があります。
本当は、五気六味になるのですが…

四気(五気)とは、 熱性・温性・(平性)・涼性・寒性のことで、
簡単に言うと、温める作用があるか、冷やす作用があるかということです。

米は平性で、体を温めも冷やしもしない、中間ぐらいのものということですね。
まあ、毎日たべる主食なので、平性というのも理解しやすいだろう。
11:54  |  薬膳-補気(元気がない人)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-補気◆米

2011.12.24 (Sat)



『米』

<中医学的効能>
・補中益気・健脾和胃:お腹を元気にする
・除煩渇:渇きを解消する
・止痢:下痢を止める

<現代栄養学>
・抗がん
・ボケ防止

<病気になった人が、玄米や発芽玄米をたべる理由>
・抗がん:フィチンの抗がん作用を言っているので、白米ではなく玄米をさす。
・ボケ防止:レシチンの作用をさすので、白米ではなく発芽玄米をさす。
11:17  |  薬膳-補気(元気がない人)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-補気◆揚げ山芋の胡麻あえ

2011.08.20 (Sat)


揚げ山芋の胡麻和え

40歳を過ぎたので、補腎の意識を持ってます。
山芋も胡麻も腎を補う代表食材です。
山芋に火を通して食べたことがないっという人もいらっしゃるかもしれませんが、
私は、生より火を通した方が、特に油との相性がいい食材というイメージを持ってます。

山芋:補気(補脾止瀉、養肺止咳、補腎縮尿)
白胡麻:滋陰(清熱滑腸、行気通脈)

山芋に片栗+葛粉をまぶし油で揚げ、胡麻 +味噌をすって、だしとみりんで味を整えであえ、あさつきをトッピング!!
---
43.2kg
08:56  |  薬膳-補気(元気がない人)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。