04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

◆薬膳-清熱◆マクロビ:夏ばて解消 椎茸寿司

2011.07.30 (Sat)


マクロビ 夏ばて解消「椎茸寿司」

椎茸は、清暑熱・補脾益気の効能があります。
きのこ類は体を冷やすものが多いですね。
椎茸も、体にこもった熱を取ってくれるので、夏バテには良い食材です。

マクロビもいろいろ派がありますね。
人によっては、マクロビでは陰が強いから、きのこ類はダメだったりして???
---
42.2kg
スポンサーサイト
08:20  |  薬膳-清熱  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-清熱◆抹茶

2011.07.27 (Wed)


茶道は嫌いですが、抹茶は大好きです。

抹茶の効能:清熱瀉火(清利頭目、生津止渇、消食止利、利尿消腫、解毒)
つまり緑茶は、体を冷やします。

たまに勘違いをされている方がいらっしゃいますが、
体を冷やす作用のあるものと、冷たいもの(氷の入った飲み物、冷蔵庫から出した直後のもの)は違います。

---
42.0kg
07:10  |  薬膳-清熱  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-清熱◆マクロビ:みょうが寿司

2011.07.21 (Thu)


みょうが寿司

玄米を食べている人は、寿司も玄米で作る人が多いようですが、私は、寿司には白米があうと思ってます。
このみょうがの赤色は、もちろん着色料ではありません。
酢で湯がくと赤く綺麗になります。

みょうがには、清熱解毒作用のほか、抗菌作用・食欲増進作用もあります。
香味を上手に利用したいものです。
---
06:43  |  薬膳-清熱  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-清熱◆板藍根茶 うがい薬

2011.07.11 (Mon)


板藍根茶

板藍根の効能は、清熱涼血・解毒利咽。
SARSの時に、中国では売り切れ続出だった板藍根。
抗ウィルス作用があり、咽の不快がある風邪の第一チョイス!
風邪のお客様が帰った後のうがいに使ってます。
「あれ???風邪かも」って思った時に、すぐに使いたいので、いつもかばんの中に入ってます。

---
42.1kg
普段は、このぐらいの体重が1番動きやすいが、バレエの時にはあと-1kgが動きやすい。
07:06  |  薬膳-清熱  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-清熱◆五行草茶 ひょうのおひたし

2011.07.09 (Sat)


五行草茶=ばしけん(生薬名)を顆粒にしたものです。

ばしけんの効能は、清熱解毒・涼血止痢。
中医学では、気分・血分という考え方があり、涼血とは血分までも冷やすという意味になる。

五行草茶は、食品扱いではありますが、湿熱などの皮膚疾患によく使われてます。
アトピーでもジクジクしている人に向いています。アトピーでも患部が乾燥している人にはむいていないと想像がつきますね。
五行草茶は、120包で7770円!
山形県では、このばしけんを「ひょう」と呼び、芥子醤油などで食べられる郷土料理のひとつです。
山形のスーパーでは、1パック100円程度で売られています。
五行草茶を売るたびに、こんな高いものじゃなく、おひたしでも食べてる方が安いし効果も高いのに・・・って思います。

食と薬の線引きについて聞かれることがあります。
答えは難しいです。
薬局では、薬扱いで仕入れているか、その他で仕入れているかの差になるね。
体調を崩したとき、働く薬局の薬より、自宅の台所にある食材の方が治しやすいけど、薬局で売られている薬は医薬品で、家の食材は食品だからねぇ・・・
など笑ってごまかしています。
---
42.4kg
08:12  |  薬膳-清熱  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。