04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

冬は黒いものを食べるとよい?

2012.01.24 (Tue)


薬膳では冬には黒色の食べ物を食べるとよいといいます。
もちろん全てに言えることではありませんが、
私も、まったくはじめて薬膳を勉強するという人には、そんな言い方をしちゃうときがあります。

3.11後というか、原発事故後、海のものはアウトと思い、昆布・ひじきなどの日持ちする乾物をたくさん買ったので、賞味期限が気になりひじきの煮物を作りました。

首都圏直下地震が4年で70%と発表されましたね。
これって、昨年秋に発表はされていたが、報道されたのが昨日ということになるそうです。

3.11で皆が感じたことの1つに「自然にはかなわない」があげられませんか?
自然現象をとめることはできないので、備えをするしかないのかなぁって思います。
水やカンパンの備蓄だけでなく、乾物の備蓄もしておくといいかもしれませんね。
スポンサーサイト
09:37  |  薬膳-去湿(水を除く)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-去湿◆はと麦入り玄米ごはん

2011.08.19 (Fri)


はと麦入り玄米ごはん

はと麦は、生薬名はよくいにんと言います。
よくいにんは利水滲湿薬に分類され、健脾補肺、利水滲湿、清熱排毒という効能があり、いぼや美肌に効くと言われ、皮付き の方が効能が高いとも言われています。
見た目には、皮なしの方がいいような・・・

圧力鍋で玄米を炊いている人は、はと麦をそのまま入れても炊けますが、炊飯器を使ってご飯を炊いている人は、ひきわりのはと麦 を使うと、はと麦が半生なんてことがありません。
---
07:35  |  薬膳-去湿(水を除く)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-去湿◆マクロビ:蕨

2011.05.20 (Fri)




蕨には、利尿作用があります。
中医学では、上半身の水分は汗から、下半身の水分は尿から出すことが多いです。

作り方
蕨に灰を振り、熱湯をかけてあくを抜くだけ。
07:20  |  薬膳-去湿(水を除く)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

◆薬膳-去湿◆里芋煮

2011.02.21 (Mon)


湿を取り除く作用がある里芋の煮物

中医学では、気・血・津液(水)が過不足なく巡っていることが良いとされている。
また、体にとっていらない水分を湿・痰と言う。

痰湿(いらない水分)が溜まる理由としてまずあげられるのが「食べ過ぎ」。特に甘いものの食べ過ぎです。
(胃腸の働きが低下すると痰湿が溜まりやすい)
四方を海で囲まれ湿気の多い日本では、気候的にも痰湿が溜まりやすいので、常に痰湿を取り除く食材を食べるのがいい。

水太りの人は、水の代謝(出すこと)を1番に考えるが、この痰湿を考えることも、ダイエットの結果を左右する。
08:09  |  薬膳-去湿(水を除く)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。